【若女将アッコのきもの白熱教室】 型紙がなければはじまらない⁉︎ “伊勢型小紋”解体新書

いよいよ明日から開幕!
若女将アッコのきもの白熱教室

テーマは
リクエストが多い
伊勢型小紋

この記事は

  • きものに興味のある方
  • イベントの前に伊勢型小紋を
    ちょっと知りたい

という方のために書いており
少し難しいです。

そして
今回の特別ゲストはこの方
伊勢型小紋伝道師で
伊勢型紙プロデューサー
田中誠さん

今日の記事では
伊勢型小紋を染めるための

  • 伊勢型紙ってどんなもの?
  • どのように彫られている?
  • 産地ではどんな課題がある?

について
お伝えしたいと思います。

重要なのは“伊勢型紙”

伊勢型小紋は
型紙を使って染める
型染めです。

伊勢型小紋を染めるための型紙は
“伊勢型紙”

いせかたがみ
と読みます。

伊勢型紙実物↓

近くによってみるとこんな感じ↓

この伊勢型紙を使って
13mのきものの反物を
染めていきます。

伊勢型紙が
伊勢型小紋の主役と
言っても過言ではないですね。

伊勢型紙の産地

伊勢型紙は
三重県

鈴鹿市白子町(しろこちょう)

鈴鹿市寺家町(じけちょう)

どちらも
古くから伊勢参宮の街道筋
として、
江戸時代は紀州藩の庇護を受けて
発展。

『定め小紋』として
各藩が裃の柄を指定し

柄の文様や細かさを
競ったことから伊勢型小紋が
全国に広がっていきます。

白子・寺家町とも
伊勢型紙の産地
として発展してきました。

鈴鹿市白子町には
伊勢型紙資料館があり
型紙の展示を見ることができ
職人さんからお話を聞くことが
できるようです。

伊勢型紙資料館
鈴鹿市ホームページ↓

伊勢型紙の彫り方

ひとくちに
“型紙を彫る”と言っても
いろいろな彫り方があり、
どう柄を表現するかで
彫り方が変わってきます。

代表的な彫り方をご紹介します。

突彫(つきぼり)

やや大柄の文様を彫るのに
向いている彫り方です。

彫る道具には
細長い三日月型の小刀を
使います。

地紙を何枚か重ねて
“穴板”という専用の道具の上に
置き、垂直に突くように
掘り進めていきます。


展示会資料より

錐彫(きりぼり)

丸い小さな穴を無数にあけて
あらゆる柄を表現していきます。

半円型の刃先の小刀を使います。
この刃先を回転させながら
彫り出される“てんてんつぶつぶ”
により柄を描いていきます。

小紋三役(こもんさんやく)”
と言われる

  • 鮫小紋

  • 行儀小紋

  • 通し小紋

伊勢型小紋を代表するこの柄は
錐彫で彫られています。

伊勢型紙では
もっとも古くからある彫り方です。


↑人間国宝 六谷梅軒さんの
“錐通し”の伊勢型紙
お名前(本名)のサインと
型紙のアップです。

柄は“てんてんつぶつぶ”が
縦にも横にも
一列に整列している
非常にシンプルなお柄です。

シンプルな分、
ごまかしが
全くきかない!!!


伊勢型紙のなかでも
究極の柄だといえます。

道具彫(どうぐぼり)

道具彫は小刀の先が
花・扇・菱などの形に
作られているものを
突いて掘り抜く技法です。


伊勢型小紋 染め袋帯

道具の出来栄えが
型紙の出来栄えに直結します。

道具彫りの彫り師さんは
刃先の形や大きさを変えながら
生涯でなんと
5000本の彫刻刀を
作られるそうです!

縞彫(しまぼり)

縞彫は髪の毛ほど細かい筋を
何百本も彫って、
こまかーい‼︎の縞柄を作ります。


展示会資料より

縞柄の伊勢型小紋は
『縞に始まり縞に終わる』
と言われるほど
ツウ好みの図案です。

以前は
金尺一寸約34センチの間に
30本の縞を彫る。。

つまり、
“1ミリの間隔のなかに
線と空間がある”状態
なのですが

そのような細かい縞の型紙を彫られる
職人さんもおられました。

型紙を彫る道具について

伊勢型紙を彫るには
彫りたい柄によって小刀を
使い分けています。

この小刀、型紙を彫る職人さんの
“手づくり”

伊勢型紙を彫る仕事は
以前は
“一子相伝”

代々、父から子へ
受け継がれてきました。

家々で彫る柄が決まっており
錐彫りの職人の家に生まれたら
子供も錐彫りを受け継ぎます。

錐彫りのお家に生まれて
『オレ、縞が彫りたい!』
と思っても
それは叶わないのです。

職人さんの見習いになって
親方のもとで
初めて取り組む仕事は

自分で使う道具を
自分で作ること

なのです。

型を彫る練習ではないのですね!

伊勢型紙が昭和30年に
重要無形文化財に指定され

6名の職人さんが
重要無形文化財保持者
いわゆる人間国宝として
国から認定されました。

それは
各職人さんおのおのが
自分で道具を作り

型紙を彫る工程まで
すべて自分でやること
を評価されてのことだそうです。

“伊勢型小紋”
わたしが感じた今後の課題

伊勢型小紋は
フォーマルにも盛装にも使えて
非常に重宝する
おススメの一枚です。

ここからは先日
私が京都で取材をさせていただき
感じたことを書きたいと思います。

それは
職人さんの手仕事による作品が
絶滅の危機に
瀕している。。

ということです。

伊勢型小紋は
細かい図案だと3センチ四方に
小さな点が900個で
柄ができています。

職人さんの
手で彫られた型紙を使い、
職人さんの
一反ずつ手で染めていく、

そうして出来上がった小紋には
きれいに染めてあるのに

独特の“ゆらぎ”のようなもの
があり、
実際着てみると
着る方によってイメージが
変わります。

シンプルなのですが
きものの柄や色に奥行きがあり
飽きがこないものだと思います。


六谷梅軒さん
“極微塵鮫(ごくみじんざめ)”

人の手で彫られた型を使い
人の手で染められたものは

見る人の眼に自然にうつり
違和感がまったくない
と感じます。

なかなか写真だけで
お伝えすることは
難しくもどかしいのですが。。

一方で
技術が進んだ現在では
フィルムで作られた型紙や
シルクスクリーンで染めた
伊勢型風 型染め小紋もあります。

市場に出ている多くは
機械やフィルムで
染められたものの方が多い…
と言っても過言ではない時代です。

これらは
機械の力を借りて
彫ったり染めたりするので
寸分違わず
“きれい”に染まっています。

型紙だって
染めても傷むことはなく
長期間にわたり
使うことができます。

が!

機械で染められたもの、
フィルムの型紙で染められた
ものには

完璧できれいすぎるせいか…

ゆらぎとか
雰囲気とか
色気とか

大人の女性こそ
着こなせるような
間合いやニュアンス

そういう絶妙な表現が
感じられないのです。泣

人間の手だからこそ
人間の手でしか生み出せない

  • 質感
  • 空気感
  • 存在感

これらを放つものを作ることが
できなくなってきていること。

これがもうすでに
待ったなし!
というタイミングに
きている。

これらを
感じずにはいられませんでした。

今回特集する伊勢型小紋は

大変悲しいことですが…
伊勢型紙を彫る職人さんの後継者
の方が

大変少ない。。
もしくは
後継者が
全くいない。。

ということが
今後の課題として挙げられます。

錐彫の二代目六谷梅軒さんは
現在84歳。

人間国宝だった先代の
お父さまのお仕事を継がれて
いらっしゃいます。

ただ今後、
この細やかで繊細な素晴らしい
技術を継ぐ後継者の方はおらず、

二代目六谷梅軒さんが
引退されると
その時点で二代に渡って彫った
錐彫りの伊勢型紙は
絶えてしまうのだそうです。

しかもこの型紙。
和紙でできているため
永久的に使えるものではなく

一枚の型紙が染められるのは
平均して50反から80反。
多くても100反です。

染めていけばどんどん磨耗し
いづれは朽ちて
破れてしまいます。

手で彫った伊勢型紙で
小紋を染められなくなる日は
遠い将来ではなさそうです。

伊勢型小紋の消滅は
まさに時間との戦い。

『いまの努力は、
今後伊勢型小紋を
続けていくための努力ではなく、

染めることができなくなって
しまうことを
少しでも後に遅らせる
ための努力なのです。』

という言葉を
誠さんからうかがい、

私のなかでは
消えかかる蝋燭の炎のような
イメージが湧いてきてしまい…

悲しさや
やるせなさ
と共に
自分の無力感を感じました。

ただ一方で
目の前にある現状は
大変悲しいことですが、

『これが伝統工芸品を
扱うものの現実なのだ…』

ということを
時代の流れと共に受け入れていく
覚悟をしなければ
ならないのだと思いました。

今回は

  • 六谷梅軒さん
  • 中村勇二郎さん
  • 南部芳松さん

三人の人間国宝により彫られた
型紙で染められた
伊勢型小紋を中心に出品します。

これらは
今後見たくても見られない
たいへん大変貴重なものに
なっていくと思います。

一人でも多くの方に
その素晴らしさを見て
感じていただけたら嬉しいです!

【こぼれ話】
型紙を彫る和紙

型紙に使う和紙は特殊で、
“地紙(じがみ)”と言います。

①楮(こうぞ)を原料とした
手すきの和紙
②柿渋で縦横を違えながら
3〜4枚貼り合わせる
③天日で乾燥させる
④煙で燻す
⑤寝かす

という細かな工程を経て
一枚の型紙用の紙を作ります。

寝かすと一口に言っても
最低3年
理想は10年以上。

この段階で
型紙を彫る職人さんの手元に
やってきます。

錐彫や縞彫を彫る職人さんは
この和紙をなんと8枚も重ねて
彫っていくのです!

寝かすのは
和紙の伸縮により
型紙の縮みや歪みを

なくすためです。

ひとくちに和紙といっても
一枚作るためには
とても手間や時間がかかること
ですね。

伊勢型小紋の需要の先細りと共に
いまはこの和紙を作ってくださる
職人さんも廃業が続いています。

型紙を彫る職人さんと
その技術の保存
と合わせて

和紙や作ってくださる職人さんと
そのお仕事の確保も
今後の課題なのだそうです。


いかがでしたか

後半は重い話になって
しまいました。
最後まで読んでくださり
ありがとうございます!

和装だけに留まらず
“伝統工芸”として
受け継がれてきた
“もの”や“技術”は
どの分野でも消えつつあることを
感じずにはいられません。

細やかで繊細な感性を持つ
日本人だからこそ
作ることができると多いのです。

が、
時代の流れと共に
それらは生活の必需品ではなく
需要がなくなりつつあります。

技術の発展と共に
大変便利な世の中となりましたが

便利すぎて、
時間が流れるスピードが早すぎて

アナログ世界の住人である
若女将アッコは正直、
戸惑ってしまうことが多いです
。。笑

今年はもう少し
ゆったりと時間や季節の流れを
味わってみたいなぁ…と
節分を過ぎて思うこの頃です^^

伊勢型小紋について
もっと知りたい方は
関連記事こちらです↓↓↓