大福屋の最新情報はこちらから!大福屋タイムズ 平成31年 1/11号

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
本年も大福屋をご贔屓賜りますよう
よろしくお願いいたします。

さて

明後日の日曜日1/13は
平成最後の成人式です!

というわけで大福屋タイムズは
その準備の様子や
大福屋のお正月の様子をお届け
いたします。

 

西三河地区の成人式は
毎年日曜日の開催

“成人の日”は現在、
1月の第2月曜日を国民の祝日として
制定されています。

“成人の日”

おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年
を祝いはげます

内閣府ホームページ
“国民の休日について”
より抜粋

祝日自体は月曜日ですが、
西三河地区の多くの市町村では現在
“成人の日の前日の日曜日”に
新成人をお祝いする式典を行うところ
がほとんどです。

大福屋の地元・西尾市では
午前11時30分から
西尾市総合体育館にて

おとなり 蒲郡市では
午後1時30分から
蒲郡市民会館にて

成人をお祝いする式典が行われます。

もともと成人の日当日の月曜日に
式典を行なっていた地区も
多数ありましたが、

  • 日曜日の方が気楽に楽しめる…
  • 土曜日とハッピーマンデーに
    挟まれた日曜日の開催なら
    遠方からでも帰省しやすい…

などの理由から
成人式を日曜日に開催している
市町村が全国的に増えてきています。

西三河地区で午前中に式典がスタート
するのは、西尾市だけらしく!!
(T-T)泣

大福屋では1/13日曜日深夜より
ヘアメイク&着付けのお支度が
スタートします!

準備快調☆平成31年成人式

大福屋では毎年 深夜早朝より
成人式の式典にたくさんのお客様を
送り出しています。

昨年12月下旬には
ご予約のお客様のお衣装のほとんどを
お預かりしました。

式典の1週間ほど前に会場が設営され
現在は担当の着付師さんが
準備を進めてくれています。

 

  • お預かりしたお衣装に
    不足がないか再度確認↓

 

  • お客様のカルテを確認し
    帯結びを決めます↓

 

  • きれいに着付けをするための
    “衿とじ”

 

などなど
成人式当日、
無事にお客様を送りだすために
日々入念な準備が行われています。

店長は
ヘアスタイル相談会の資料と
前撮り撮影会の写真をもとに、
ヘアメイクの資料を準備


↑夏のヘアスタイル相談会の資料は
すべて
カルテにして残しています

成人式当日は
総勢30名ほどのスタッフが関わり
皆さまを送り出します!

 

大福屋のお正月

新年は1月3日より
新春初売りとして
営業しておりました。

ありがたいことに
初売りから来年の成人式に向けての
振袖のご相談やご注文、
お問い合わせなど多数いただき
“松の内”が終わりました。

今年は
『お正月は
年神様を迎える行事』

という意味をわたし自身が重くとらえ
リアルお餅の鏡餅が復活!

事務所の神棚にもお供えしました。

 

7日までは
おもてなしの器もお正月らしく
『松』づくしにしてみました。

 

松は『◯◯◯』を待つの
『まつ』⁉︎

この『松』というのは
日本人にとっては
古来より非常に重要なアイテム。

松(まつ)は
『神さまを待つ』の『まつ』
からきたものです。

なので、
◯◯◯には『神さま』が入ります^^

 

新年の門松やお祭りの鉾に
松の神木を立てるのも

『かみさま、私はここにいます。
来てください!!!

という
人間から神さまにむけての
お知らせでありアピールなのだとか…


『どうやら呼ばれとるな・・・』

着物の図案でも
『松』は一番と言っていいほど
格調高い図案(柄)で、
おめでたい席に出席するための衣装に
多く用いられます。


↑絞りと刺繍の振袖

格調高い図案の衣装で
行事に参加することは、
『私は
この行事を大変重く考えている』
という意思表示でもあります。


↑手描き京友禅 色留袖

私は個人的に昔から
松の図案がとても好きなのですが

↑松韻というテーマの染帯

松のような
重厚感のある図案
カッコよく着こなすためには、
着る人そのものにも
その重さを受け止められる
『存在感』や『器』が必要です。

この存在感。。。
やはり年齢を経て
さまざまな経験を重ねていかないと
得られるものではないのだと
感じるようになりました^^

結婚式の留袖に松の図案が多いのは

おめでたい柄だから…という意味も
もちろんありますが、
『子供や孫が結婚する』

それぐらいの年齢でないと
『松』をカッコよく着こなすことが
難しい・・・
という意味もあるのだと思います。

着物の図案の持つ意味を知って、
着るシーンに生かしていくのも
着物の楽しみ方のひとつですね!


 

久しぶりの大福屋タイムズ
いかがでしたか?

年に一度の成人式ですが
送り出す私たちは
何度迎えても緊張感があります。

直前一週間は天気予報と
にらめっこし続ける
毎日ですが、

今年はいまのところお天気も良さそう
で安心しています^^

一生に一度の成人式

みなさまにとって最高の一日と
なりますようスタッフ一同、
精一杯お手伝いさせていただきます!

深夜早朝からの早いスタートですが、
みなさまのお越しを
準備万端お待ちしています。

 

愛知県 西尾市にある創業86年の呉服店『大福屋』若女将 / 正統派の和装の着こなしを研究提案する きもの本質家。2004年より老舗専門店にて呉服販売業に携わり、結婚とともに大福屋3代目若女将に。これまで送り出した成人式の振袖の お客様は2000人を越す。お客様のなりたいイメージやニーズと実際に似合う色や柄をバランスよく結びつける顧客満足度の高い提案がモットー。着物離れが待ったナシの現在において、どうしたら生活のなかで着物を生かせるのか?人生を彩り豊かにするための着物のたしなみを日々実践・探求し情報を発信している。