【若女将アッコのきもの白熱教室】 “伊勢型小紋” 歴史から紐解く 人気のヒミツ

平成最後の
“大福屋☆きもの白熱教室”

テーマは
リクエストが多い
伊勢型小紋

この記事は

  • きものに興味のある方
  • イベントの前に伊勢型小紋を
    ちょっと知りたい
  • イベントに行きたいけど
    行けなさそう。。泣

という方のために書いています。

きものファン憧れの的。
『いつかは一枚欲しいなぁ〜❤︎』
というお声が多いものです。

というわけでこの記事では
伊勢型小紋の歴史から
人気のヒミツを紐解いていきたいと思います!

そもそも
“伊勢型小紋”ってナニ?

今回のテーマ『伊勢型小紋』
ってそもそもナニ?

ということですが、
『伊勢型小紋』は
『いせがたこもん』と読みます。

三重県鈴鹿市白子町で
古くから生産されてきた
伊勢型紙を使って染められた
小紋を指します。

伊勢型紙

伊勢型紙を使って染めてる
職人さん

遠目には無地に見えながら
手にとって見ると・・・

驚くほど細かな
柄・柄・柄!!!

しかもこの柄、
小さな点で模様が
構成
されています。

細かい図案だと3センチ四方に
小さな点が900個で
柄ができているのです。

こんな繊細な手仕事、
真面目で辛抱強い日本人しか
できない・・・

と思ってしまいます^^

伊勢型小紋はもともと
お侍さんのもの!!!

いまは着物で見ることの多い
伊勢型小紋ですが

もともとは
お侍さんが着ていたもの。

江戸時代、
武士の裃(かみしも)に小紋柄が
染められるようになり
発展してきました。

裃を染める色は

  • 藍(あい)
  • 鼠(ねず)

などの渋い色。

各大名家は
柄の精緻を競うようになります。

柄は細かいほど良い!
と考えられていました。


こ、こまかい・・・

それぞれの藩が
自藩の『定め小紋』を持つように…
他家での使用を禁ずるように
なりました。

これは
さりげなく
自分の藩のアイデンティティーを
示すものであり、
今でいう“ブランディング”のような
ものですね!

有名なのは

  • 紀州徳川家の“極鮫(ごくさめ)”

  • 島津家の“大小霰”
    (だいしょうあられ)

  • 加賀 前田家の“菊菱”(きくびし)

当時の江戸は
世界的に見ても
経済的に潤っていた大都市!

粋でオシャレな江戸っ子たちが
この伊勢型小紋をほかっておく
はずがありません。

洗練されていてさりげないのに
深〜い味わいが“粋”とされ
江戸の町人たちにも
大人気!

特に江戸中期、
豊かで余裕がある町人文化が
背景となり、
遊び心のある面白い柄が
生み出されました。

いまの時代に息づく
“伊勢型小紋”

一口に伊勢型小紋と言っても
時代背景から大きく二つの流れが
あることをお伝えしました。

では
現代を生きるわたしたちが着る着物に
江戸時代に生まれた柄たちは
どのように息づいているのでしょう?

裃に使われていた
武家の“お家の格式”を表す
端正な柄

  • 行儀

  • 角通し

などは、
家紋をつけて
略礼装(りゃくれいそう)
の衣装として着ています。

いわゆる式服。
フォーマルです。

具体的な場面といえば
孫や甥や姪・お友達の結婚式
入学・入園・卒業式
七五三などですね。

あと、
着たい!と人気があるのが
お茶会

特に
おもてなしをするホスト側であれば
色無地か細かい柄の伊勢型小紋を
着ておられる方が多いです。

お茶を習っていると
色無地の次は伊勢型小紋が欲しい❤︎
というお声はよく聞きます。

また、
歌舞伎を見に行くのに
伊勢型小紋が着たい!というお話しも

観劇というシーンであれば
江戸の町人たちが生み出した
オシャレな柄の小紋は
めちゃくちゃカッコイイと
思います!

歌舞伎も伊勢型小紋も
江戸の町人によって育まれた文化。

ほとんど無地に見える伊勢型小紋に

  • 季節感たっぷりの染帯
  • オシャレ用の袋帯
    を結んで
    “盛装”
    いわゆる“おめかし”をして
  • 劇場
  • 割烹やレストラン
  • 美術館
  • 同窓会
    etc・・・

に出かけたい!
という思いは年齢を問わず
女子の永遠のテーマだと
日々のお話から感じています!

伊勢型小紋の人気のヒミツは

①一見無地に見えつつも
さりげなく遊び心がある!

②一枚あれば
帯や小物を変えるだけで
フォーマルから
オシャレまで

シーンに合わせて
幅広く着ていくことが
できる!

という点で
きものファンの皆さまに
厚く支持されているのだと
日々感じています^^


いかがでしたか?

江戸時代に生み出された衣装が
350年以上のちの
平成も終わろうとしている
今の日本に息づいていること・・・

適応力豊かな日本人の感性に
いつも本当に驚くばかりです(笑)

次回は
伊勢型小紋がどのように
生み出されているのか???

伊勢型紙と染めの両面から
迫ってみたいと思います。
お楽しみに!