【解説】分かりにくさNo.1アイテム “伊達締め”ってナニ???

お客さまからもよく伺うのですが、

『着付けに使う和装小物って
わ、分かりにくい。。』

それもそのはず。
着物を着なければ
日常生活には全く必要ないものです(笑)

特に伊達締め
言葉で説明するには分かりにくさ
NO.1

そこで
このブログは伊達締めについて
詳しく解説したいと思います。

そもそも、伊達締めとは・・・

『伊達締め』は『だてじめ』
と読みます。

衿もとの着崩れを防ぐために
紐の上にあて、
衿(えり)を固定するための道具です。

着物の着付けは
①布を身体に巻きつけて
腰ひもで固定する

②合わせた衿を
腰ひもで固定する

と、
布を身体に巻きつけて
腰ひもで固定すること
が基本なのです。

伊達締めは
衿もとを固定した腰ひもの上に
締めます。

着すがたからは全く見えないのですが
着付けの要である衿もとをビシッと
決めてくれる縁の下の力持ち

↑写真左:伊達締め/写真右:腰ひも

伊達締めは
幅が10センチ程度あり
身体に巻きつけて強めに締めても
圧が分散され苦しくない
のです。

一方、
紐は身体に巻きつけて
同じように締めると
“線”で身体に圧がかかるため
伊達締めよりも苦しく感じます。

紐だけではなく伊達締めを使うのは
身体に負担をかけないための
工夫なのですね。

 

伊達締めってどんなタイプがあるの?

伊達締めは素材形状は様々あります。

❶ 正絹本筑博多織
(しょうけんほんちくはかたおり)
写真中央

絹製で
幅10センチ×長さ2.2メートルの
幅広の布です。

  • よく締まり
  • 通気性がよく
  • 厚みが薄くかさばりにくい
  • 前板のすべりが良い

という理由でオススメです。

❷マジックベルトタイプ
  写真右

幅10センチほどで
全体がゴムベルトになっています。

マジックベルトが付いているので
背中でペタッと留めやすいです。

ただ、

  • 厚みがありかさばる
  • 通気性が悪くムレる
  • ゴムのため締めすぎると苦しい

というデメリットも・・・

特に

  • 汗かき
  • あせもになりやすい方

にはオススメしません。

 

❸メッシュタイプ
  写真左

ゆかた用に手軽に作られたものです。
ムレにくいよう メッシュになっています。

カシャカシャでプラスチック感が強く
ゴムベルトタイプほど伸縮性が
ないです。

 

以上3点ご紹介しました。
ちなみに価格は
メッシュ < ゴムベルト< 正絹本築博多織
の順です。

 

いったい どれが使いやすい?

オススメしたいのは
❶ 正絹本筑博多織
頻繁に着る
何度か着る予定があるのであれば
一番メリットが多くオススメです。

特に
着物と長く
付き合っていきたい

という方には
ぜひこちらを揃えていただきたいです。

逆に❷❸は
『一度しか着ないかもしれない』
『ゆかたしか着ないかも・・・』
という方には手軽でいいと思います。

❷マジックベルトは
手軽でいいのですが、

伊達締めは

  • 長襦袢の上
  • 着物の上

と2本使います。

そのことを考えると

  • かさばること
  • 通気性がよくないこと

この2点がネックになります。

ちなみにワタクシは15年ほど、
❶ 正絹本筑博多織を使っています^^

 


いかがでしたか?

言葉で説明するには
分かりにくさNO.1アイテム
伊達締め

衿もとをキレイに決めてくれる
着付けには欠かせない小物です。

小物もそれぞれ役割があるので
役割を知って、
自分の身体に合うものを選べると
着付けは格段に快適になります。

ご自宅にいくつかあれば
まずはいろいろ試してみることを
オススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です